5/1(水)第1回未来カフェ「一般企業で働く聴覚障害者の現状」

夢を育てるプログラム イベントのお知らせ

イベント概要
日時:2019年5月1日(水)10:00~12:00(9:30受付開始)
場所:デフアカデミー谷町六丁目校
アクセス:大阪市営地下鉄「谷町六丁目駅」6番出口 徒歩2分
対象:聴覚・難聴児を持つ保護者
参加費:無料
持ち物:筆記用具
定員:20名(先着順)
主催:デフアカデミー谷町六丁目校

内容

本イベントでは、広く聴覚障害・難聴児の保護者の方を対象に「今のDEAF(聴覚障害・難聴者)の働き方」のリアルな部分を知ることにより、お子様の将来にビジョンを持つことを目的にしています。
Silent Voiceではデフアカデミーでの取り組みの他に、「DEAFの働く職場環境改善」事業を通じた、DEAFを雇用する企業とのネットワークが豊富にあります。
政府の「一億総活躍」や各企業の「ダイバーシティ推進」、国連の「SDGs」などで考え方がどのように変わってきたのか?「UDトーク」などの最新機器は、職場の情報保障をどのように変えているのか?
当日は実際の働くDEAFをゲストに招いて、直接お話を聞く予定です。

また、当日は分かる範囲で具体的な保護者の皆様の「不安・疑問」や「調べてほしいこと」なども意見交換ができればと考えています。

初の試みにはなりますが、必ず発見があるかと思いますので、ご都合の合う方は是非ご参加くださいませ。

※なお、同日の朝からはデフアカデミーの子どもたち向けに「みんなで運動会を作ろう!!」のイベントが舞洲で行われています。
子どもたちは運動会の準備へ、保護者の方は未来カフェへ☆☆
13:00より運動会が開始となりますので、タイトなスケジュールとなりますが、
未来カフェ終了後ぜひ運動会にもご参加ください!

ゲスト

尾中 友哉

株式会社およびNPO法人「Silent Voice」代表。大阪府手話言語条例評価部会 委員。厚労省認定 国家資格キャリアコンサルタント講習 講師。1989年、滋賀県出身。聴覚障害者の両親を持つ耳の聞こえる子どもとして、手話を第一言語に育つ。大学卒業後、東京の大手広告代理店に勤務。「自分にしかできない仕事とは?」について考える。2014年から聴覚障害者の聞こえないからこそ身についた伝える力を活かした企業向け研修プログラム「DENSHIN」や、聴覚障害・難聴のある就学児向けの総合学習塾「デフアカデミー」を展開。社内の多様性の経験をもとに企業のダイバーシティ事業部にもコンサルタントとして参画。聴覚障害者の強みを生かす社会の実現に向けて活動している。2018年、青年版国民栄誉賞といわれる人間力大賞(主催:日本青年会議所)にてグランプリ・内閣総理大臣奨励賞および日本商工会議所会頭奨励賞を受賞。

 

ゲスト講師(大手企業に務めるDEAFを予定)

お申し込み

デフアカデミー生の保護者様へ
イベント申し込みはいつもの予約申し込み(Coubic)ではなくこちらの申し込みフォームからお願い致します。
申込者のお名前(必須)
お子様のお名前(必須)

お子様について(必須)

デフアカデミー生その他

参加する方々(必須)

※参加される方全員、フルネームと関係性のご記入をお願い致します。(例:デフアカデミータロウ 父)

申込者と連絡のつくメールアドレス(必須)
備考欄


※参加申込完了のメールが届かない場合、デフアカデミーまでお問い合わせください。