プログラム

週間レッスンタイムテーブル

曜日 小学生 中高生
月曜日 高学年向け 個別指導
火曜日 学年指定なし 中学生向け集団指導
水曜日 高学年向け 個別指導
木曜日 学年指定なし 中学生向け集団指導
または個別指導
金曜日 低学年向け 中学生向け集団指導
土曜日 指定なし 個別指導


MEMO
・低学年 ⇒ 1年生から3年生 高学年 ⇒ 4年生から6年生
・「学年指定なし」の日は、学年の関係のない教材学習やテーマ学習を行います。
・それぞれの「学年向け」でレッスンのレベル設定をしておりますが、必ずしも参加できないわけではありません。
・自習室は毎営業日開放しておりますので、利用可能です。

プログラムの「3つの柱」

  1. 視覚を主とした能力開発
  2. コミュニケーションを重視した学習指導
  3. 夢を育てるプログラム
MEMO
中高生のお子さまには、定期テストや受験などの目標に向けた、手話による学習支援を中心に実施しています。(いわゆる個別指導塾のような形態です)

①視覚を主とした能力開発

聴覚障害があるからこそ、視覚に神経が集中することを活かしながら能力開発を行います。
視覚は、集中力・記憶力・速読力・推測力などの学習の基礎能力に結びついている大切な力です。
私たちは各々の子どもの伸びる部分を発見、着目して、自己肯定感を高め、自信を育てていきます。

②コミュニケーションを重視した学習指導

手話や音声、書くこと、見える化など多様なコミュニケーション手段を指導に用いることで、お子さまが安心感を持って学べる指導を目指します。
また聴覚障害・難聴によってハンデが生じる「言葉」「他者とのコミュニケーション」の教育も重点的に行なっております。

③夢を育てるプログラム


定期的に社会で活躍する聴覚障害・難聴者をゲストとして招き、
子どもたちが「この人みたいになりたい!」と思えるような交流の場を作ります。
一生懸命になれる夢や目標を子どもたち自ら発見することで、毎日はイキイキと充実したものに変わります。
私たち指導員は、目標の発見のお手伝い、そして日々の指導を通じて応援します。

これまでのゲスト(2018年1月現在)

  • デフラグビー日本代表・元帝京大学ラグビー部 大塚貴之さん
  • オプトメトリスト・ビジョントレーニング講師 北出勝也さん
  • 現役京都大学生 星野春香さん
  • デフリンピックバレーボール銅メダリスト 今井勇太さん
  • 喫茶店経営者 尾中幸恵さん

指導員による目標管理

個別指導計画に基づき、一人ひとりの長所を発見し伸ばすことに重点を置いています。そのために、指導員は毎日個別に日報を書き「今の関心事」「よかったところ」「心配なところ」「成長したと思うところ」「次回かけてあげたい言葉」などを記録しています。お子さまの活動や成長を6ヶ月に1度以上の面談を通してリフレクションを行います。

プログラムの監修

デフアカデミーで提供する能力開発教材は、長年にわたってその正しさが理論・実践面で確認され続けてきた「全脳教育理論」を基に設計されています。

特に眼球運動によって全脳刺激の得られる教材をデフアカデミーでは使用し、きこえないからこそ視覚に神経が集中することを活かしながら学力の基礎能力をつけていくことを通して、お子さまの自信を高められるようにプログラムの設計と見直しを行っています。

また、設計と見直しには施設のスタッフだけではなく、外部の専門家も顧問として迎え、特に西岡顧問(株式会社キャニオン・マインド 代表取締役)は、塾運営・能力開発の専門家としてご指導を頂いています。